パソコンの見える化は、動画で再生するのが一番わかりやすい

『パソコンの見える化』と言いますと、英語と数字が羅列した『ログ』を解析する??と想像するのが一般的です。

しかしながらその英語と数字の羅列では、解析しないとわかりにくいものです。

そこでご提案なのが、一定時間が経過するとスナップショットを撮る仕組みです。そのスナップショットを撮る仕組みがあれば、撮影された写真をペラペラ漫画のように連続で見ていくと、『動画』のように見える。ということです。

弊社で提供している連続してスナップショットを撮る仕組みは、5秒に1度撮影しております。誰でも直感的にパソコンの見える化をしたい。そのような要望にお応えしたシステムを求め続けてきたベストプランナー合同会社だからこそ自信を持って提供できる仕組み。

それが埼玉発のベステレワークです。

埼玉でITを活用したベステレワーク
埼玉でITを活用したベステレワーク

パソコンの見える化の管理画面

納品させて頂くベステレワークは、在宅勤務者に貸出させて頂くレンタルパソコンのみ、スナップショットが取られる仕組み。プライバシーの観点から、レンタルパソコンと一緒にWebカメラの貸し出しも検討しましたがパソコン内の画面のみを撮影することと致しました。

会社の管理者の方へパソコンの見える化システムの管理画面情報(ID・パス)を発行させて頂きます。

パソコン見える化の応用技

ベステレワークで提供している『パソコン見える化』の技術は、テレワークのみに活用しているものではございません。

階が離れていたり、拠点が別であったりしているパソコンの利用状況を把握するのに最適です。

管理目的だけではなく、『パソコン操作のマニュアル作り』等、アイディア次第でパソコンの見える化技術を応用することが可能だと言えます。