子育て世代の復職と困難

夫婦共働き世帯は年々増加し、平成9年以降は共働き世帯数が男性雇用者と無業の妻から成る世帯数を上回っているというデータがあります。

実際に結婚・出産を終えても働く女性には、どのような悩みがあるのでしょうか。

保育園に入れるかどうかが問題「保活」

こここ数年、保育園の待機児童が多いことは皆さんご存知のことと思います。厚生労働省は「子育て安心プラン」として、待機児童解消に必要な受け皿、約22万人分の予算を平成30年度から平成31年度末までの2年間で確保することとしました。

2019年4月1日現在の待機児童数は、前年比3,123人減の1万6,772人で調査開始以来過去最少であると、厚生労働省が公表しています。

認可保育所・認可外保育施設の定員が増加したことや、保育所・認定こども園の新設など、受け皿が増えていることによって、待機児童数は減少傾向にあります。しかし、依然待機児童がいることは間違いありません。出産後、復職したいと考える母親たちにとっては、この保活が大きな困難の一つになっています。

仕事と家庭・子育ての両立の現状

仕事と家庭の両立には、様々な困難があります。妊娠・出産前後に退職した理由が「自発的に退職」が29%、「両立が難しい」が25% というデータがあります。両立が難しいと答えた人の中には、「勤務時間が合わない」「職場に家庭との両立を支援する雰囲気がない」「体力が持たない」「子供の病気で度々休まざるを得なかった」などがあります。

独身時代や出産前と後では、男性と肩を並べて働いてきた人でも、それまでと同じように仕事をすることが厳しくなってくるでしょう。

赤ちゃんは胎内にいる間は母親からもらった免疫で体を守っていますが、生後6カ月ごろになると母親の免疫が減り、自分で免疫をつくるようになるため、このころから発熱することが多いといわれています。このように、急な発熱が多い幼児期は、保育園からの呼び出しも少なくないでしょう。まして、それが1か月の間に複数回もあったらと考えるとどうでしょう?「また?っていわれそう。」「忙しい中、自分だけ帰るなんて。」など自分自身の葛藤もあったり、度々仕事を抜けることで、職場の同僚からよく思われないこともあるかもしれません。

このように、いろいろなネガティブ要素が重なり、仕事を継続するのが難しいと判断する母親たちがいるのは当然のことといえます。

在宅勤務のテレワークシステムでベステレワークが選ばれる理由

ソフト&ハード&回線 (インフラ)
ソフト&ハード&回線(インフラ)
  • 物理的に情報漏洩しないように制御されている
  • 遠隔から制御の設定変更が可能
  • パソコンが自動的に録画されており、作業内容が見える
  • まるで会社にいるように、Chat(チャット)やノートの共有ができる
  • 自宅にある既存環境を崩さない
  • ソフトもハードも回線(インフラ)も手配ができるベストプランナー合同会社が運営
  • ベストプランナー合同会社にはITコーディネータの国家資格取得者が在籍している
  • 助成金や補助金のノウハウが豊富で、申請の支援もしている

ベステレワークの6つの特徴

1.ブラウザは、指定したアドレスのみに制御

ブラウザは制御されており、基本的には使えないように制御されています。

そのうえで、『ご指定のURLだけは自宅でも利用できないと困る』ものをご指定頂き、解放させて頂いております。

2.ソフトウェアは、指定したアプリのみ起動

ソフトウェアは制御されており、基本的には使えないように制御されています。

そのうえで、『ご指定のアプリだけは自宅でも利用できないと困る』ものをご指定頂き、解放させて頂いております。

3.USB等のデバイスは使用不可

USB等のデバイスは制御されており、基本的には使えないように制御されています。

どうしてもの場合は、ご相談の上決定いたします。

4.動画やグラフで見える化された仕組み

ベステレワークで利用するパソコンは自動的に録画されており、管理者の方のパソコンで録画データを閲覧することが出来ます。

グラフ化されますので、作業内容が変わった部分や、時間を選択して必要な部分だけ絞り込むことが可能です。

5.チャットやノートの共有で円滑なコミュニケーション

ベステレワークで利用するパソコンには【専用のChatアプリ】と【専用のノートアプリ】がインストールされています。ライブでつながりますので管理者の方と円滑なコミュニケーションが期待できます。

6.既存環境を崩さない追加されるシステム

基本的には自宅でご利用中のパソコンではなく、専用のパソコンをご用意いたします。(既存パソコンをテレワーク化したい場合はご相談頂けます)

Wifiやネットワーク環境を変えずに既存環境を尊重致します。

ITの観点から補助金やテレワーク助成金の獲得支援をしています

埼玉県さいたま市で「ITコーディネーター」の資格を持ち、経済産業省の「スマートSMEサポーター」の認定を頂いているベストプランナー合同会社は、働き方改革と生産性向上の両立をITで叶えるため、在宅勤務のテレワークに関する補助金や助成金の支援・ご相談を承っております。

代表的な補助金・助成金(ものづくり補助金・IT導入補助金・小規模事業者持続化補助金・キャリアアップ助成金・時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)・小規模事業場産業医活動助成金)は、すべて自社で獲得させて頂きました。

獲得した企業だけが得られる経験をもとに、在宅勤務のテレワークを成功させるため、ご一緒に考え支援させて頂きます。

社内環境(組織体制)を整備する過程で訪れる『課題』を明確にし、皆が幸せになれる自動化の仕組みを目指します。

そのうえで自動化を阻む問題課題は『IT』を取り入れることで解決を図ります。

ITやテレワークはあくまでも目標を達成させるためのツールであり手段だと考えています。

在宅勤務のテレワークで必要なITツールはリモートメンテナンスが可能

埼玉県さいたま市岩槻区で在宅勤務のテレワークで必要なITツールを提供しているベストプランナー合同会社は、お客様には本来の仕事に従事して頂きたいので、できるだけ低価格な料金設定にチャレンジしております。

埼玉県・東京都を中心に、千葉県・神奈川県・栃木県・茨城県は交通費無料でお伺いしております。

テレワークで必要なITツールは、リモートメンテナンスでの対応が可能です。

テレワークで利用しているパソコンがインターネットに接続されており、提供しているリモートメンテナンスソフトをクリック頂ければ、その都度変わる『パスワード』を開示頂くことで、お客様のパソコンを弊社メンテナンススタッフが代わりに操作させて頂きます。(PC保守サポート)

迅速かつ丁寧に対応致しますので、【自宅へ出勤のベステレワーク】へお気軽にご相談ください。

自宅へ出勤!漏れずに見える化されたテレワークの問い合わせ
自宅へ出勤!漏れずに見える化されたテレワークの問い合わせ

電話の方はこちら048-812-5551