既存のLAN環境はそのまま変更ありません

テレワーク導入となると、システムの見直しになる課題

在宅勤務のテレワークサービスをVPN・WevDAV接続・リモートデスクトップ接続で構築をすると、現状のシステムとの兼ね合いがでてくる。

その場合、会社内のシステム全体の調整が生じてきたり、セキュリティを強化するため、社内LAN環境の整備が必要になってくる。

社内にIT環境に詳しい人材がいればいいのだが、なかなか思うように相談ができないことも考えられるだろう。

在宅勤務のテレワークサービスを導入することで、既存環境を変更しなくてはならない可能性がでてくる課題

既存の社内ネットワーク環境は変更しない実施内容

会社側に設置するテレワークサーバーは、既存の社内LANのネットワークに、1台追加させてもらうだけ。

在宅勤務者側に専用で利用してもらうテレワーク用(自宅で仕事するためのPC)パソコンは、事前にパソコンの利用環境を調査させて頂き、既存のLANのネットワークに1台追加させてもらうだけ。

既存環境を変えるのではなく、既存環境に合わせる設定を実施します。

既存のインターネット環境は変えずにテレワーク導入結果検証

パソコンを1台追加する感覚でテレワーク機材の追加成功

会社側に設置するテレワークサーバー、在宅勤務者側に専用で利用してもらうテレワーク用(自宅で仕事するためのPC)パソコン共に、既存のLANのネットワークに1台追加させてもらい、お互いに通信ができた。(ルーターのポート開放が一部必要です)

大がかりなシステムの見直しに発展することなく、既存の社内LANのネットワーク環境に追加する形で接続確認できたことから、課題解決できた。