テレワークの意識改革と教育

日本では定時を過ぎても働くことが習慣化され、時間外労働が多い社員が評価されることも少なくありませんでした。

テレワークの導入は、会社の場所以外で働くことを許可し、従来の働き方から大きく転換させることになります。このような革新を行うとき、企業のトップが自ら働き方を変えることやテレワークの必要性を発信していく必要があるのです。

テレワークの制度や環境を整えても、実際に利用してもらわなければ意味がありません。トップの考えが社内に浸透するよう、長期的かつ継続的にメッセージを発信していきましょう。

社員教育

テレワークの導入の前に、企業のトップやプロジェクトチームのリーダーから、テレワークの目的や運用のルールを社員に周知させる必要があります。その際、一方的な説明だけでなく、自分自身がかかわるという意識を持てるように、現在の働き方をどう改善するか、変えたことによるメリットなども話し合うとよいでしょう。

また、就業規則や勤務規定の変更があるのか、テレワーク時の勤怠や労務管理、テレワークではできない業務内容など、運用ルールについて詳細に説明します。

次に、導入前にWeb会議やチャット、ファイル共有システムなど、テレワークを行う際に使用するツールを体験する機会を設け、操作に慣れたり、テレワーク時のコミュニケーションの取り方などを決めるとよいでしょう。もちろん、セキュリティ対策の研修も必須です。

管理監督者の理解

会社以外の場所で仕事をすることに抵抗があるという管理職の人が多く見られるようです。上司がテレワークに否定的だと、部下はテレワーク制度の利用をためらうでしょう。

テレワーク導入に成功した企業では、意図的に管理職にテレワークを体験させ、テレワーク導入を円滑にすすめています。

部下が見えないところで仕事をすることに不安を感じたり、コミュニケーション不足や評価について不安を感じる人も少なくないでしょう。テレワークを定着させるには、テレワークを推進チームによる管理職への継続的な教育やサポートが必要です。

テレワーク導入後の調査

テレワーク導入から一定期間が過ぎたころ、利用者はもちろん、管理職や同僚にアンケート調査を行います。

ワークライフバランスや業務効率化の手応えを質問するほか、実際にやってみて困ったこと、不便だと感じたことも調査します。ここで出た意見は、改善策とともに公表します。そうすることによって、社員に当事者意識が高まり、会社の本気度を伝えることができるのです。

社員に期待される自主性

テレワーク時は、タイムマネジメントはもちろん、どの仕事をテレワークでやるのが効率的なのかなども自分の判断に委ねられます。

効率的なテレワークを行うには、テレワークに適した業務とそうでない業務を区別しておきましょう。また、普段からタイムマネジメントのスキルを磨いておくことも必要です。

また、テレワークが始まるとお互いの状況が把握しづらくなり、コミュニケーション不足に陥ることが懸念されます。始業や終業の連絡を行い、チャットやWeb会議システムを利用して、コミュニケーション不足にならないよう工夫する必要があります。

テレワーク導入には、Web会議システムやチャット、ファイルシステムの共有などのツールの利用が欠かせません。これらは、コミュニケーションが取れるよう、テレワーク利用者だけでなく管理者や同僚も使いこなすようにする必要があります。

【参考:テレワーク導入・運用の教科書】

在宅勤務のテレワークシステムでベステレワークが選ばれる理由

ソフト&ハード&回線 (インフラ)
ソフト&ハード&回線(インフラ)
  • 物理的に情報漏洩しないように制御されている
  • 遠隔から制御の設定変更が可能
  • パソコンが自動的に録画されており、作業内容が見える
  • まるで会社にいるように、Chat(チャット)やノートの共有ができる
  • 自宅にある既存環境を崩さない
  • ソフトもハードも回線(インフラ)も手配ができるベストプランナー合同会社が運営
  • ベストプランナー合同会社にはITコーディネータの国家資格取得者が在籍している
  • 助成金や補助金のノウハウが豊富で、申請の支援もしている

ベステレワークの6つの特徴

1.ブラウザは、指定したアドレスのみに制御

ブラウザは制御されており、基本的には使えないように制御されています。

そのうえで、『ご指定のURLだけは自宅でも利用できないと困る』ものをご指定頂き、解放させて頂いております。

2.ソフトウェアは、指定したアプリのみ起動

ソフトウェアは制御されており、基本的には使えないように制御されています。

そのうえで、『ご指定のアプリだけは自宅でも利用できないと困る』ものをご指定頂き、解放させて頂いております。

3.USB等のデバイスは使用不可

USB等のデバイスは制御されており、基本的には使えないように制御されています。

どうしてもの場合は、ご相談の上決定いたします。

4.動画やグラフで見える化された仕組み

ベステレワークで利用するパソコンは自動的に録画されており、管理者の方のパソコンで録画データを閲覧することが出来ます。

グラフ化されますので、作業内容が変わった部分や、時間を選択して必要な部分だけ絞り込むことが可能です。

5.チャットやノートの共有で円滑なコミュニケーション

ベステレワークで利用するパソコンには【専用のChatアプリ】と【専用のノートアプリ】がインストールされています。ライブでつながりますので管理者の方と円滑なコミュニケーションが期待できます。

6.既存環境を崩さない追加されるシステム

基本的には自宅でご利用中のパソコンではなく、専用のパソコンをご用意いたします。(既存パソコンをテレワーク化したい場合はご相談頂けます)

Wifiやネットワーク環境を変えずに既存環境を尊重致します。

ITの観点から補助金やテレワーク助成金の獲得支援をしています

埼玉県さいたま市で「ITコーディネーター」の資格を持ち、経済産業省の「スマートSMEサポーター」の認定を頂いているベストプランナー合同会社は、働き方改革と生産性向上の両立をITで叶えるため、在宅勤務のテレワークに関する補助金や助成金の支援・ご相談を承っております。

代表的な補助金・助成金(ものづくり補助金・IT導入補助金・小規模事業者持続化補助金・キャリアアップ助成金・時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)・小規模事業場産業医活動助成金)は、すべて自社で獲得させて頂きました。

獲得した企業だけが得られる経験をもとに、在宅勤務のテレワークを成功させるため、ご一緒に考え支援させて頂きます。

社内環境(組織体制)を整備する過程で訪れる『課題』を明確にし、皆が幸せになれる自動化の仕組みを目指します。

そのうえで自動化を阻む問題課題は『IT』を取り入れることで解決を図ります。

ITやテレワークはあくまでも目標を達成させるためのツールであり手段だと考えています。

在宅勤務のテレワークで必要なITツールはリモートメンテナンスが可能

埼玉県さいたま市岩槻区で在宅勤務のテレワークで必要なITツールを提供しているベストプランナー合同会社は、お客様には本来の仕事に従事して頂きたいので、できるだけ低価格な料金設定にチャレンジしております。

埼玉県・東京都を中心に、千葉県・神奈川県・栃木県・茨城県は交通費無料でお伺いしております。

テレワークで必要なITツールは、リモートメンテナンスでの対応が可能です。

テレワークで利用しているパソコンがインターネットに接続されており、提供しているリモートメンテナンスソフトをクリック頂ければ、その都度変わる『パスワード』を開示頂くことで、お客様のパソコンを弊社メンテナンススタッフが代わりに操作させて頂きます。(PC保守サポート)

迅速かつ丁寧に対応致しますので、【自宅へ出勤のベステレワーク】へお気軽にご相談ください。

自宅へ出勤!漏れずに見える化されたテレワークの問い合わせ
自宅へ出勤!漏れずに見える化されたテレワークの問い合わせ

電話の方はこちら048-812-5551