ベステレワークを開発するにあたり

1.本当に仕事してるの?

2.情報漏れるんじゃないの?

この2点を払拭できないと、広まらない と考えておりました。そのためには、

  1. 運用に頼らず物理的に制御する
  2. 会社側・在宅側お互いに『いつもどおり』の環境
  3. 設備投資を極力抑え、在宅勤務者を容易に増やせる
  4. 見える化でわかりやすく

の点を意識して開発いたしました。

在宅勤務(テレワーク)のベステレワークは、運用に頼らず物理的に制御し、会社側・在宅側お互いに『いつもどおり』の環境を提供し、設備投資を極力抑え、在宅勤務者を容易に増やせるシステムであり、何より見える化されてわかりやすいシステムです。